*

泌尿器科での人生初の性病検査をしました

私は友人からよく言われる事は、社交的だね~とか、フレンドリーだねと言う言葉です。
自分でも人が好きだと思うので、常に人との関わりを持ちたいと思っていたり、交友関係をどんどん広げて生きたいと思うタイプではあると認めます。

しかし、大人になるに連れて、段々とあまりに社交的だったり、フレンドリーだったりすると、時に落とし穴があると思う出来事が多々ありました。
その一つが、男性問題です。どんな男性ともすぐに慣れ親しく話ができる事から、年齢よりも割りと男性が寄って来てくれます。それが仇となり、飲んでいる場所で隣り合わせになった男性とも平気で盛り上がってしまうので、ついついその後のお付き合いをも簡単にしてしまうと、言うところがあるので、お酒が入ると本当により、フレンドリーになる自分が嫌になる事もありました。

そして、遂に先日、その事が完全に自分の身に降りかかってきたのです。

その日も、仕事上がりに、友人と飲みに行きましたが、めちゃ盛り上がり、ナンパされた男性二人組とカラオケへ流れました。その当りから、記憶が無かったのですが、二人もカラオケの後に男性たちからお持ち帰りをされたのですが、それから1週間くらいの時が流れると、なんだか陰部に痒みが感じたのです。なに?この感じ?と思っていると、おりものも多くなり、一気に不安になりました。まさか自分が性病にかかってしまったのかな?と思うと不安になり、ネットで性病の症状を調べると、ヒットしている事があまりにも多くて、その事を、先日一緒に飲んだ友人に相談すると、新宿に性病検査をしてくれる泌尿器科があると教えてくたのです。夜間も診察をしていて、結構、評判も良いと言われたので、仕事が終わってから、行ってみる事にしたのです。泌尿器科にかかるのも、勿論性病検査を受けるのも初めてでしたが、友人お勧めの泌尿器科へ行きました。スムーズに対応をしてくれて、結果的は性病では無かったので、涙が出るほど安心しました。

すっかり懲りたので、あまりに飲んだ席でフレンドリーになる事は控えるようにもなりました。
人生の良い勉強をしたと今は思っていますが、今後の行動には注意をしたいと思っております。

美容と健康
公開日:
最終更新日:2019/01/20

関連記事

no image

エクササイズはバストアップに有効?それとも逆効果?

一般的にバストアップの方法には、サプリメントを摂取するというものやバストアップクリームを使ったマッサ

記事を読む

花粉症も落ち着いてきて安心

今年は例年と比べて比較的少ないほうだったような気がしますが、それでも症状が出る時期はあったので花粉症

記事を読む

大阪で将来セラピストの仕事に就きたいならリラクゼーションサロンのアルバイトで腕を磨くのもお勧め!

大阪には美容エステ専門のサロンだけでなく、ツボ押しやリンパマッサージ、アロマオイルなどを使って日頃の

記事を読む

ゼファルリンを検討しています

男性の悩みっていうのでペニスの大きさのものがありますが、自分も一回ペニスの大きさが小さいせいで女性と

記事を読む

ここまで劇的に回復するとは

性欲の衰えを感じるたびにあれこれと対策を講じてきました。運動をしてみたり、栄養のある食事を摂ってみた

記事を読む

新着記事

no image

バツイチやバツ二ではなく「マルイチ」など

昔、大学受験のために塾に行っていたのですが、そこで習っていた先生の一人が面白い話をしてくれました。な

記事を読む

no image

出会いの成功のために必要な経済力

婚活といってもいろいろな方法があります。イベントに参加することや、結婚相談所に相談すること、婚活サイ

記事を読む

no image

出会いを求めるなら断然アプリ

出会いを求める一番てっとり早い場所は出会い系のアプリだと思っています。 一時は合コンとかも進んで参

記事を読む

no image

今風の出会いの実態と感想

既に多くの人が出会いを求めて行動していると思います。自分も誰かと恋愛がしたいので頑張っている最中です

記事を読む

no image

タクシードライバーへの転職

私はもともと車の運転は好きな方です。特に長距離、旅行先でのレンタカー運転など、知らない土地で運転する

記事を読む

no image
バツイチやバツ二ではなく「マルイチ」など

昔、大学受験のために塾に行っていたのですが、そこで習っていた先生の一人

no image
出会いの成功のために必要な経済力

婚活といってもいろいろな方法があります。イベントに参加することや、結婚

no image
出会いを求めるなら断然アプリ

出会いを求める一番てっとり早い場所は出会い系のアプリだと思っています。

no image
今風の出会いの実態と感想

既に多くの人が出会いを求めて行動していると思います。自分も誰かと恋愛が

no image
タクシードライバーへの転職

私はもともと車の運転は好きな方です。特に長距離、旅行先でのレンタカー運

→もっと見る

PAGE TOP ↑